Wizard of Oz
ある日とつぜん竜巻に巻き込まれたドロシーと愛犬トト。
魔法の国でであったちょっと変わった仲間たちと共に、
それぞれの夢を叶えるため、困難を乗り越えて、オズの魔法使いと対面する・・・。
このお話を、みなさんご存知ですか?オズにも夢を叶えるため、日々努力している人たちが沢山います。
そんなスタッフたちがつくりだすオズの世界で、冒険の旅をはじめましょう!
presented by Oz Group
美容を思い切り楽しむために

A lion without the courage
実は僕、すごい人見知りなんです。 お客様に対する会話が全然できなくて、 どうしても言葉が出てこなかったんです。
そんな僕が今、美容の仕事を通じて充実した日々を送っている。 オズに入社できたおかげだと感じています。

出会いは、会社説明会。
就活中いくつかサロンをまわったものの、 決め手がなく悩んでいました。
そんな中でオズの説明会は、他とちょっと違っていた。 なんともいえず温かいんですよ。

聞けばオズのモットーは『大家族主義』。 まさにその雰囲気が出ていて、それが決め手になりました。 苦手だったお客様との会話は、 先輩にアドバイスを貰ったり、 お客様目線での会話を間近で見るうち、 いつの間にか克服していました。

自分に足りないところは、 先輩や同期が、まるで家族のように教えてくれる。
だから、勇気が沸いてくる。 オズは僕にとって、そんな場所なんです。

脇田宇昭/アシスタント/入社2年目
橿原美容専門学校卒/奈良県出身

美容を思い切り楽しむために

A scarecrow without the wisdom
地元を離れて、オズに入社した私。
とにかく美容が大好きで、スタイリストになりたい!という気持ちは人一倍強かったと思います。

早くお客様を担当して、もっとキレイにしてあげたい。
そのための教育・技術が充実しているのが、オズの魅力でした。 早くスタイリストになりたい。
でも、気持ちはあるのに、どうしても技術がついてこなくて、悩んだ時期もあったんです。
その都度、声を掛けてくれる先輩や同期達。 深夜まで練習に付き合ってもらったことも、数え切れません。
こんなに後輩想いの先輩や同期に恵まれたから、 技術の壁にも立ち向かえたと思います。

そして、全国美容コンクール。
県大会を勝ち抜き、関西大会もトップに僅差で準優勝。 続く全国大会でも見事に準優勝を飾ることができました。
団体戦のメンバー皆で何度も何度も練習して、その結果の全国2位! あの時の達成感は最高でした。

今度は私の番。
これからは、私がしてもらって嬉しかったこと、 教えてもらった高い技術のひとつひとつを、後輩へ伝えていきます。

藤田育枝/スタイリスト/入社6年目
北日本ヘア・スタイリストカレッジ卒/岩手県出身

美容を思い切り楽しむために
美容を思い切り楽しむために

Copyright(C) Oz Group Inc. All rights reserved.